屋外広告士試験の3つの出題分野

コラム

屋外広告士資格の試験には3つの出題分野があります。それぞれどういったものなのか、簡単にご紹介します。

屋外広告士資格の筆記試験は、以下の3つの分野に分けて出題されます。

(A)関係法規
(B)広告デザイン
(C)設計・施工

(A)関係法規

 屋外広告に関わる法律についての分野です。試験では「屋外広告物法」や、各都道府県の条例のもととなる「屋外広告物条例ガイドライン(案)」に関連した問題の他、「景観法」や「建築基準法」といった、屋外広告に関わる関連法令などについても出題されます。

(B)広告デザイン

 屋外広告物のデザインに関する分野です。一般的なデザインの基礎知識にはじまり、屋外広告の役割や歴史、屋外広告とデザインが景観にどう関わるかなど、幅広く出題されます。

(C)設計・施工

 屋外広告物の設計・施工に関する分野です。構造力学や設計の基礎知識から、屋外広告物の設計・施工について、屋外広告物の安全に関することなどが出題されます。

上記のように、屋外広告士資格の取得には、ジャンルの異なる3つの分野の学習が必要となります。それぞれが専門的な学習になりますので、まずは1つずつじっくり学習して行くことが大事だと思います。

タイトルとURLをコピーしました