看板広告ってどんな広告?

コラム

看板広告とは

一般的に看板広告とは、看板を媒体にした広告のことを言います。法的には「屋外広告物」という言葉があります。屋外広告物とは、「常時または一定の期間継続して屋外で公衆に向けて表示されるもの」で、看板はもちろん、はり紙などもこれに該当します。看板広告は「屋外広告物」の一種と言えます。

看板広告の種類

 では、看板広告にはどんな種類があるのでしょうか。

建植看板(野立て看板)

 道路沿いに立ってる建植看板(野立て看板)は、看板広告の代表例と言えるものです。自動車での往来を意識して幹線道路や交差点付近などに良く設置されている媒体です。視認性の良い建植看板は、刷り込み効果も高く、看板広告の中でもメインの媒体となります。

屋上看板、壁面看板

 独立した看板に対して、ビルなどの建物などに設置する看板です。こちらも道路などから視認性が良い場所では高い広告効果を発揮する媒体となるでしょう。

電柱広告

 電柱に設置されている看板媒体を電柱広告といいます。電柱広告には、主に電柱から突き出している袖看板と、電柱に巻きつけてある巻看板があります。サイズは小さいですが、その分コストがかからず、連続して多数設置するなどして、特定のエリアでの広告効果を高めることが出来る媒体です。

駅内看板

 駅のホーム前やベンチなどに設置してある看板広告です。地域や対象を絞った効果的な広告が期待できます。

スタンドサイン

 店舗の前などに設置する移動式の媒体です。A型看板や電照式看板など様々なタイプが選べ、手軽に設置、移動できるメリットがあります。

看板広告掲出のための費用

 看板広告を掲出にあたってかかる費用には、主に2種類あります。1つは看板の掲出をする際の広告料、もう一つは看板媒体を制作する制作料です。広告料、建植看板(野立て看板)をはじめ、屋上看板、壁面看板、電柱広告、駅内看板など、広告業者の管理のもと掲出する看板で必要となる費用です。それに対して、スタンドサインなど自社敷地内で掲出するような場合には、広告料は不要です。
 看板の制作にかかる費用は、媒体の種類、材料等によって変わってきます。同じ媒体でも、掲出期間に応じた材料の選択をすると、費用も抑えられます。

看板面を仕上げる材料にも色々な種類がある

 看板面を仕上げる材料にも色々な種類があります。昔はペンキで職人さんが仕上げていた看板面も、今は、パソコンの画面上で仕上げたデザインを、大型インクジェットプリンターで出力し、貼り付ける方法が主流となってきました。インクジェットシートだけを見ても、短期用から長期用、反射材の入ったタイプなど色々な種類があります。また、費用と耐候性のバランスを考えると、切り抜いたシートを貼り付けていく、カッティングシート仕上げの看板が向いている場合もあります。

様々な看板広告を組み合わせて、より高い広告効果を目指す

 看板広告と言っても、上記のような様々なタイプの媒体があります。それぞれの特徴を活かし、より高い広告効果を目指した広告掲出をして行くことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました